ミレニアル世代は「働き方は人並み」で「苦労はしたくない」傾向に。調査からミレニアル世代を読み解く | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

たかのりふくやま

Circle "NGL" Founder / Serial Entrepreneur / LDH / CommunityManager/ Engineer(python,Swift) / DataScientist / SDGs / AddressHopper

ミレニアル世代は「働き方は人並み」で「苦労はしたくない」傾向に。調査からミレニアル世代を読み解く | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

今後の労働市場はミレニアル世代が主役となっていく。ミレニアル世代はデジタルネイティブとも呼ばれており、テクノロジーを駆使した新たなサービスなどへの抵抗がない。 さらに、それまでの世代とは異なった価値観から、今までにない経済体系を生み出していくと期待されている。しかし、今回の調査はこの期待とは反するような結果となった。 公益財団法人日本生産性本部と一般社団法人日本経済青年協議会は、平成30年度新入社員1,644人を対象にした「働くことの意識」調査結果を発表した。それによると、「働く目的」では、「楽しい生活をしたい」で最も多く、一方、「自分の能力をためす」は過去最低となった。今回はこの調査から、ミレニアル世代の特徴を象徴するような項目の結果をご紹介する 働く目的は「楽しい生活をしたい」。「自分の能力をためす」は過去最低に まず、「働く目的」で最も多い回答は、平成12年度以降急増している「楽しい生活をしたい」で、過去最高水準を維持し41.1%となった。「経済的に豊かになる」がこのところ上昇し、30.4%と過去最高となっていることも注目される一方、かつてはバブル期を除いてトップになることもあった「自分の能力をためす」は長期にわたって減り続け、10.0%と過去最低を更新した。 また、平成に入って増加していた「社会に役立つ」は8.8%とこのところ低下に転じている。 近年、大学生を中心に奨学金を利用する学生が増え、その返済の負担が注目を集めているため、その利用状況についても質問をしている。返済する必要のある奨学金利用者全体(623人)の71.9%、四年制大卒では73.7%、大学院卒では71.5%が「負担に感じる」と回答している。 親の年収の伸びが限られる中、アルバイトと利子つきの奨学金で教育を受け、大きな負担を背負いながら社会人生活のスタートをきる新入社員が少なくないことがうかがえるとしている。 以下は、奨学金の利用状況である。 利子つきで返済する奨学金を利用:25.2%(四年制大卒30.5%、大学院卒23.1%) 利子なしで返済する奨学金を利用:19.2%(四年制大卒19.2%、大学院卒41.6%) 返済しないでよい奨学金を利用:6.8%(四年制大卒5.8%、 大学院卒12.6%) また、返済する奨学金を利用した人のみに質問したところ、

AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

遊ぶために働くっていうのが何がわるい!!って感じだが、ある意味仕事にやりがいを求められない。生産性の低い世代になりかねない。

0コメント

  • 1000 / 1000